わたしの両手


ココロのかがみ
by ururunamida
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ようやく

もう、大丈夫。
やっと諦められる。

こんなにも諦められなかったのは
なんだったんだろう。



きっと

楽しかったんだ。
いい男=カッコいい ではなく
何気ない動作でたくさんドキドキできたから。

それに
わたしのこと好きだってわかったから。


笑った顔やすねた顔、ご飯を食べている顔や寝顔。
電話をしている横顔や(顔ばっかりだね)
腕まくりしたの仕種や、酔っ払いのおっちゃんに変身した時・・・
いつもドキドキしてたもの。

後輩くんには、痘痕も笑窪と言われたけど(笑)
きっと、わたしのことも言われていたんだろうね。


いつも、堂々としていた。
わたしの話もたくさん聞いてくれた。
厳しいことも言ってくれたね。


大きな背中や、大きな手が大好きだった。
後姿を見ながら歩くのが好きだった。


困った顔や最近増えた白髪をみると
抱きしめたくなったり

その手で触れて・・・なんて思ったり

揺れに揺れてた。


両方の実家に行きたいと言われて
頑なに拒否したら、困った顔してたよね。

だって、こうなるのわかっていたもの。



でもね

本当に楽しかったよ。
いっぱいドキドキしたんだよ。
心臓の音が聞こえないか心配だった。




ココロも体も未熟なわたしを

好きになってくれて


ありがとう
[PR]
by ururunamida | 2006-10-19 05:02 | ココロ