わたしの両手


ココロのかがみ
by ururunamida
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

だらけたお正月を過ごしてしまいました。
暫くはのんびりするつもりでしたが、このままでは引きこもってしまいそうなので
休み明けから活動開始です。

ご心配をおかけしましたが
今はスッキリしています。
あのまま、勤めていたら仕事しか知らずに一生を終えていたでしょう。

勤務していた会社は建設業でした。
そこで経理をしていました。
関連会社と2社の仮決算を含めて、年間5回決算をしていました。

入社した当時は、金庫番をしている上司に言われたことを
するだけで精一杯でした。
彼女が退職し、今の上司が繰り上がって金庫番になった時、
彼は、今までと同じ事をしてくださいの一言でした。

今までにないくらいに勉強しました。
税理事務所のいりさんから随分と教えてもらいました。
楽しかった。充実していました。
どんどんと分るようになって、本当に楽しかった。
国税の調査も乗り切り、自信を持ちました。

仕事を出来るようになるとだんだん欲がでてきて
なんでもやるようになりました。
結果、自分の首を絞めることになるのですが・・・

レベルを上げることが当たり前になり
関連会社の立ち上げやJVなどだんだんと余裕がなくなってきました。
何度も増員を頼みました。
営業所に入った人(縁故)は、口ばかりで何も仕事ができず
わたしのイライラは募るばかりでした。

役員が大事に思う人ほど、わたしにはできない君にしか写らず
彼らに優しくするように注意を受けました。
一つわたしの嫌いな部分を見つけたら
もう全部が嫌になったのでしょう。
わたしも、全ての人に優しく出来ないとわかっていました。
意地悪になっていることが悲しく
どうしたら、回避できるのか考えていました。

今までの仕事のレベルを求めない、
調査で指摘されてもかまわないと言われては・・・
今まで、わたしは何をやっていたのでしょう。

解雇と言われてもショックより、ホッとしたのです。
理由を言われましたが、何も反論しませんでした。
ただ、気がかりだったのは、残っている仕事です。
交代人員は入れないので、上司に引き継ぐようにとのことでした。
出勤は、年内。退職日は1月20日。
4日しかありませんでした。
彼は、今忙しいから追々やると言うのです。
29日の仕事納めの日に、掃除が終わってから無理やりやらせました。
結局、二人残ったのです。おかしいでしょ。

あんなに痛かった胃もどこかに行ってしまったし、
ゆっくり眠れるようになりました。
目覚ましをかけなくても5時過ぎには目がさめていたのに
今朝は9時でした。寝すぎですよね。

長くなりました。
新年早々、こんな話題でごめんなさい。
ご心配をおかけしましたが、元気にしています。
立ち止まっていられない性分だとつくづく感じています。
[PR]
by ururunamida | 2007-01-06 01:10 | 仕事