わたしの両手


ココロのかがみ
by ururunamida
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最初で最後

家にいるようになって、いろいろと考えたくなかったので、今までしていなかった
片付けに夢中になっていました。
雑貨を買い込んで模様替えをしたり、押入れの奥をひっくり返したり・・・

今まで仕事をしている時間が一日のほとんどだったので
わたしには何にも残っていないのかな・・・なんて時々思ったりして。

そんな時、Sさんから真夜中の電話。
それも沖縄から。
今まで一度も言ってくれなかったのに、酔っ払っていたからなのか
愛しているって。
最後に会った夜のココロの内や
今まで不思議に感じていたことを話してくれた。
嬉しかった。沖縄まで飛んで行きたかった。
直ぐに会いたかったの。
わたしは彼のココロも体も手に入れたかった。

でも
現実は・・・

帰ってきているのに連絡はなし。
我慢できなくなって、昨日とうとう電話してみたの。
留守電のまま。

きっと
彼は最後にHしたかっただけなのかも。
からかってみただけ。ただそれだけだったのかな。

バカみたいでしょ。
彼の言葉に一喜一憂して、勝手に思い込んで・・・

諦める為に、ベッドにソファ、シーツ、カーテンと買い換えたのに
懲りずに部屋に呼ぼうとしたの。


忘れようとしていたのに、
笑った顔も困った顔も、大好きだった指も声も匂いも
みんな思い出しちゃった。


考え中だった旅に出ることにします。
[PR]
by ururunamida | 2007-02-08 00:49 | ココロ