わたしの両手


ココロのかがみ
by ururunamida
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:仕事( 19 )

最近、雷がすごいですが、昨日の午後初めて雹を体験しました。
霰は慣れていますが、この時期の氷にびっくりしました。

広い範囲で雷雨や大雨になっているようですが、
被害がないことを祈ります。

今日は、じいじが初物だと言って、スナップエンドウを届けてくれました。
肉厚で甘くて美味しかったです。
初物つながり(?)で、お味噌汁は茗荷にしました。
夏の香りがしました。

久しぶりに出かけた、お茶のお稽古は足が痺れて大変でした。
サボってばかりなので、季節によってお道具が変わるのでなかなか覚えられません。
それでも、非日常の心地よい空間です。
f0047693_0354572.jpg

お薄の干菓子。
ひまわりです。こんなに可愛いお菓子は初めてでした。
京都のお菓子やさんから、取り寄せてくださったのだそうです。
あまりに可愛いので、お持ち帰りをしてしまいました。

夏がすぐそこまで来ているんだって
感じた1日でした。
[PR]
by ururunamida | 2007-06-10 01:44 | 仕事

おめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

だらけたお正月を過ごしてしまいました。
暫くはのんびりするつもりでしたが、このままでは引きこもってしまいそうなので
休み明けから活動開始です。

ご心配をおかけしましたが
今はスッキリしています。
あのまま、勤めていたら仕事しか知らずに一生を終えていたでしょう。

勤務していた会社は建設業でした。
そこで経理をしていました。
関連会社と2社の仮決算を含めて、年間5回決算をしていました。

入社した当時は、金庫番をしている上司に言われたことを
するだけで精一杯でした。
彼女が退職し、今の上司が繰り上がって金庫番になった時、
彼は、今までと同じ事をしてくださいの一言でした。

今までにないくらいに勉強しました。
税理事務所のいりさんから随分と教えてもらいました。
楽しかった。充実していました。
どんどんと分るようになって、本当に楽しかった。
国税の調査も乗り切り、自信を持ちました。

仕事を出来るようになるとだんだん欲がでてきて
なんでもやるようになりました。
結果、自分の首を絞めることになるのですが・・・

レベルを上げることが当たり前になり
関連会社の立ち上げやJVなどだんだんと余裕がなくなってきました。
何度も増員を頼みました。
営業所に入った人(縁故)は、口ばかりで何も仕事ができず
わたしのイライラは募るばかりでした。

役員が大事に思う人ほど、わたしにはできない君にしか写らず
彼らに優しくするように注意を受けました。
一つわたしの嫌いな部分を見つけたら
もう全部が嫌になったのでしょう。
わたしも、全ての人に優しく出来ないとわかっていました。
意地悪になっていることが悲しく
どうしたら、回避できるのか考えていました。

今までの仕事のレベルを求めない、
調査で指摘されてもかまわないと言われては・・・
今まで、わたしは何をやっていたのでしょう。

解雇と言われてもショックより、ホッとしたのです。
理由を言われましたが、何も反論しませんでした。
ただ、気がかりだったのは、残っている仕事です。
交代人員は入れないので、上司に引き継ぐようにとのことでした。
出勤は、年内。退職日は1月20日。
4日しかありませんでした。
彼は、今忙しいから追々やると言うのです。
29日の仕事納めの日に、掃除が終わってから無理やりやらせました。
結局、二人残ったのです。おかしいでしょ。

あんなに痛かった胃もどこかに行ってしまったし、
ゆっくり眠れるようになりました。
目覚ましをかけなくても5時過ぎには目がさめていたのに
今朝は9時でした。寝すぎですよね。

長くなりました。
新年早々、こんな話題でごめんなさい。
ご心配をおかけしましたが、元気にしています。
立ち止まっていられない性分だとつくづく感じています。
[PR]
by ururunamida | 2007-01-06 01:10 | 仕事

沸点

関連会社の決算が無事(?)終わりホッとしたのもつかの間
弊社の仮決算が目の前。

2社年間5回の決算に追いかけられています。

関連会社は、規模は小さいのですが
携わっている以上、適当なことは出来ず
弊社の決算と同じことをしています。

どうしても決算を優先してしまうので、他の仕事が一向に進みません。
それで、応援を頼んだのですが・・・
今、いる人を使えとのこと。
使えているなら、苦労はしません。

その上、上司に教えるようにと言われました。
彼が出来るようになれば、結果わたしが楽になるだろうと言うのです。
やる気があるなら、毎日わたしより先に帰ったりしませんよね。
何でも自分でやるのが悪いと言われ、ムッとしてしまいました。
仕事をし易い環境を作るのが、貴方の仕事でしょ。と思ってしまいました。

なのに、今日
ある調査で彼の回答の粗末さにとうとう沸点に達してしまいました。
このまま調査票を提出する訳にはいかないって
気づいていながら無視をしたらいいのか・・・
わたしが訂正したら、彼は面白くないだろうし・・・
営業にあたってしまったし・・・


力のなさを痛感。
悔しくて涙しそうになりました。

誰に対してもいい人ではいられないのだから
どこかで割り切らなくてはいけないのですよね。
[PR]
by ururunamida | 2006-11-15 00:15 | 仕事

一杯一杯

午後からJVの打ち合わせ。

専務と二人で出席。
構成員の役員さんたちが並んでいるので
黙っていようと思っていたのだけど・・・

結局、発言してしまった。

もうこれ以上、仕事を増やせないってわかっているのに
こうやって、自分の首を絞めている。
厳しい条件だったりすると、尚更やりたくなってくる。

その時は、大変だけど、
終わった時の充実感、達成感を感じたい。


やっぱり壊れているのかな・・・


朝から、ちょっとおかしい。
事務所の電話番号がでてこなかったり
出来ない営業くんの会話にイライラしたり
愛想を振りまけない・・・



わたしって小さいな~
[PR]
by ururunamida | 2006-11-09 19:32 | 仕事

理不尽

専務に呼ばれる。

行ってみると
役員が揃っている。

嫌な予感・・・

仕事の遅れを注意され
一人でやらないで、上司に分けるように注意される。


流れが逆になるのは難しい。


わたしの仕事をやり易くするのが
彼らの仕事だと思うのに・・・



ところでだ、××について調べて欲しい。

・・・(たった今、なんでもするなって言ったばかりなのに)はい。



帰ってきた常務に
呼ばれたんだってって声を掛けられる。


どうしてあの場にいないの、味方になって。

断ればいいだろ。

できるわけないでしょ、また、仕事増えたんだから!


あ~ぁ
一番できないのは
わたしかも・・・



それにしても
毎日定時で帰る、わたしの上司、
少しは
仕事をしてもらえます?
[PR]
by ururunamida | 2006-07-12 19:25 | 仕事

だるまさん

毎年、群馬からだるまやさんがやってくる。

一回りずつ大きくなっていって
ここ数年はこの大きさ。

f0047693_19455032.jpg



この猫はおまけ。
背中のカーブがかわいい!哀愁があるでしょ。

f0047693_19464249.jpg
f0047693_1947559.jpg











猫のこの手に誘われて
福の神が訪ねてくれると嬉しいな。


会社に
みんなに

ちょっとだけ
わたしにも・・・
[PR]
by ururunamida | 2006-04-05 22:38 | 仕事

決戦

いよいよ

今日の午後、役員会議です。
今期の成績の説明と
今後の方向性を相談します。

いつものことですが
できない君は
何一つ発言しないのでしょう。
平気な顔でわかりませんと言ってしまうので
こちらがびっくりしてしまいます。
期末手当が支給されるといいのですが・・・


ちょっと早いけど
出勤の準備をします。
[PR]
by ururunamida | 2006-03-15 04:25 | 仕事

勝負

昨日は戻ってからそのまま事務所へ。
今日も仕事。


エサがぶら下がっているとはいえ
ちょっとハード。
終わらなかったとは絶対言えないし
ここを乗り切れば自信になるはず。


年上の人を使うのは苦手。
しかも出来ない人はなおさら。
上手にその気にさせられない。
その結果
自分の首を絞めている。

この1週間が勝負。
絶対乗り切ってみせる。



自分を信じて。
[PR]
by ururunamida | 2006-03-06 01:03 | 仕事

1週間仕事を休むって難しい。
それも年度末に・・・
わかっていたけど厳しい現実。
無謀すぎることは百も承知。


だからこそ嬉しさも倍増するのかも。
きっとそうだね。


さて、なにから段取りしたらいいものか・・・

まずは予約。
社長や同じ島の人のお願いしたり、
支払いの準備と仮決算。
みんなの期末手当が
この腕に?かかっているから
張り切って取り掛からないと。
ほんと働き甲斐がある職場・・・
ありすぎなんだけど。
[PR]
by ururunamida | 2006-02-21 12:57 | 仕事

できない君

できない君はわたしの直属の上司。
どれだけわたしがバタバタしていても、毎日残業していても
できない君は必ず6時に帰る。
一度も手伝おうか、っと言ってくれたことはない。
言われても、何を手伝ってもらえばいいかわからないけど。
できない君は悔しくないのだろうか?
役員会議でも税務調査でも
わたしがいつも答えている。
できない君は蚊帳の外。
仕事をしていないから、質問されても困っているし、
答えられない。
わたしがあの状況にいるなら、今より耐えられない。
あ~あ、男だったらな~
もっと、仕事ができるのに。
今の状態では、責任のあることばかり回ってくるけど
会社の成績や利益に関することを
独断で突っ走ることはできないから
必ず役員に経緯と結論を説明し、決裁をもらわないといけないし、(当たり前
時間がもったいないんだな。

でも、できない君がわたしと同じタイプだったら
それも別の意味で辛いし、
・・・仕方ないのかな。

仕事は嫌いじゃない。
性に合っていると思う。
やりがいもあると思う。(たぶん
必要としてくれている人もいる。
そう思うと恵まれている気になるんだけど。
[PR]
by ururunamida | 2006-01-23 11:28 | 仕事