わたしの両手


ココロのかがみ
by ururunamida
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

start

年下の友人が年内で退職する。
青年海外協力隊の試験を受ける。
嬉しい!
新しい一歩が素晴らしいものでありますように。
これから想像もしなかったような
山や谷があっても
決して諦めることなく。
どんなに離れていても
忘れない。
応援しているよ。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-30 21:58 | ココロ

辞め時

どんなに仕事をこなしても
追いつかない。
努力をしても不可能なことは必ずある。
精一杯やってきた。自信もある。
でも、もう限界。
こんなに追いかけられていると
いつか転んでしまう。
自分だけでどうにかなることなら、
我慢するが
会社の中ではそうはいかない。
今後、能力は落ちていくとわかっているし、
仕事の量は増えることは目に見えている。
辞める時期なのかもしれない。

実はやりたいことがある。
着実に一歩を踏み出したい。
きっと出来るはず。
悔しさや、辛さを乗り越えれば
喜びや嬉しさが待っている。
自分を信じよう。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-29 14:24 | 仕事

潔く、きりりと生きたい。
背筋を伸ばし、自分の行動に責任を持ち、
どんな時も相手を選ばす、戦える
そんな風に生きていきたい。

奥歯を噛み砕いても、
信じた正義を貫きたい。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-28 20:29 | ココロ

昨日は一日中雷が鳴っていた。
冬になる準備なのだろう。

暗闇で光る稲光はゾクッとくる。
目がさえ、ずーと見ていられる。
何も怖くない。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-28 11:25 | 日常

素直に

抽象的なとこしか書けなくて。
ここはココロを全部吐き出したくて
はじめたのに・・・

ここ最近凹んでいたのは
チャリくんのこと。
お葬式に行って
ご主人の姿とダブって見えて・・・
わかっているつもりだったけど
こんな辛い状況だったんだって。
怖くなった。
そして、
羨ましかった。
今でもこんなに愛されている。

そんな存在になれるように
真っ直ぐ生きたい。

部屋に行った時、
確かに感じた。
足がすくんで入れなかった。
いつもいつも
これからもずっと
チャリくんのそばにいるんだね。

当たり前だと思う。
お互い辛いに決まっている。
そう、
わかっている。
それなのに、ココロが揺れる。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-25 08:01 | ココロ

流れ星

寒くなって星が近くに思えるようになって
2日続けて流れ星を見た。
荒れた空模様だったのに
一瞬の雲の切れ間から・・・
願いを言えた。
叶うだろうか。
女々しい(女だが
願いは届くのだろうか。

地震の夜以来かな。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-24 20:05 | 日常

ゆき

雪が好きだ。
子どもの頃からウキウキした。
完全武装をして
新雪の中、飛び込む。
上を向いて寝ていると、不思議な気持ちになる。
180度から雪がわたしに降ってくる。
このまま埋まってしまいたくなった。
ばあちゃんに死んじゃうぞって怒られていた。
またその季節が来る。
仕事に行くにはちょっと辛いけど、ワクワクしてきた。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-22 10:55 | 日常

休暇

毎日バタバタしていたら
常務が
一段落したら休んでいいから、だって。
本気で言っているのか?ちょっと疑問。
内緒だぞ、と言っていたけど
半日休むのだって支障のないように根回しをしているのに
どうやって内緒で休めるのだ。

どうせなら1週間。
どこに行こう。
今から海外の予定は難しいし、
ゆっくりできる所。
何にもしないでボーっとしていよう。
今まで酷使してきた
体とココロに休息が必要だと
ここまでボロボロになると痛感する。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-22 10:48 | 仕事

みれん

かっこ悪いけど未練がある。
何をしているかな~ってつい考えてしまう。
温もりを思い出してしまう。

あきらめたはずなのに・・・
わたしはチャリくんを幸せにできない。
わかっている事。
忘れよう。月日が忘れさせてくれる。
月が、星が、雨が、雪が、風が
時を想いを過去に運んでくれる。
[PR]
by ururunamida | 2005-11-21 14:40 | ココロ

告別式

泣いても、泣いても、涙が溢れた。
もう話を聞いてもらえないと思うと・・・

ご主人が気丈に挨拶をされていて
それでまた涙。

帰り道、チャリくんとダブって思えて
せつなくなって・・・また涙。

泣き疲れてもまだ涙は溢れる・・・

こんな悲しい思いをしてきた人に
わたしができる事があるのだろうか?
[PR]
by ururunamida | 2005-11-21 08:12 | ココロ