わたしの両手


ココロのかがみ
by ururunamida
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

あやしい?

朝、常務の机を掃除していたら

どうしたんだ、それ!?と聞かれた。


えっ!何これ~!


腕に
はっきりとわかる歯形に爪あと。
う~ん、ちょっとエッチかも・・・


犯人は
  ・
  ・
  ・


もちろん、わたし。

夜中に脹脛が攣り、あまりの痛さに我慢できずに
思いっきり噛んだ跡。

痛さには痛さで対抗するしか
術をしらず、
どうしても噛んでしまう・・・


場所を選ぶ余裕がなかったので
ちょっと失敗。


朝、気付きもしなかった・・・

すごーく、怪しい人に思われそう。
こんなに綺麗な歯型つけてる人に
会ったことないもの。
今になってヒリヒリしてきた。


今日は長袖だったな~
[PR]
by ururunamida | 2006-06-30 20:42 | 日常

感謝

1月20日からここに書き始めて
今日で162日です。

訪問者のカウントが1000になりました。

ココロの中をこんなにも正直に書けたこと、今日まで続けてこれたことに
びっくりしています。

そして、
なにより

ここに来てくださった
皆様に感謝しています。




ココロ

揺れているとき

泣いているとき
 
悲鳴を上げているとき

飛び回っているときc

笑っているとき

嬉しかったとき



いつも、そばにいてもらいました。


少しは
折り合いをつけることや
涙を流すことができるようになりました。




ありがとう
[PR]
by ururunamida | 2006-06-30 19:50 | ココロ

初バトン

crystalgem さんから
初めてのバトンを頂きました。

「不思議バトン」だそうです。
ルールは、以下の通り。

【不思議バトン・ルールの説明】
◆①~③は回してくれた人の質問に答える
◆④は次の人への質問を3問考える
◆⑤項目目はバトンを渡してくれた人にメッセージ
◆⑥項目目はバトンを回す人3人を紹介

では、

①あなたが今まで、実際に自分の目で見た事のあるもので、最も不思議だったものは何ですか?

・真夜中のスノーシェッドの中に、一人で座っていたピンクの服を来た女の人


②過去に食べた料理の中で、最も不思議な感じのしたものは何ですか? また、その理由は何ですか?

・ミミガ-
 普段、食べないものなのでリアルに想像しすぎてしまって、美味しいのか美味しくないのかも
 分からなかった
・納豆

③「現在・過去・未来の好きな時代の自分に会って、一度だけアドバイス出来る」としたら、いつの時代の自分に、何と言いますか?

・過去に
 〝もっと、思い切ってやりたいことをしてもいいんだよ〟


バトンを渡してくれた人にメッセージ

crystalgem さん

蕗味噌からのお付き合いですよね。
残念ながら今年は、バタバタしてしまって作る時期を逃してしまいました。

いつも、やさしいコメントをありがとうございます。
来月、いよいよ北海道の大地を踏みしめに行きます。
楽しみです。


どうしても、質問が浮びません。④と⑥は今回はパスさせてください。
ごめんなさい。
[PR]
by ururunamida | 2006-06-30 19:41 | 日常

なみだ

予約をしていた整体へ

彼は高校の同級生で
初めのうちは、体を触られるなんて恥ずかしくてしょうがなかったのに
今は楽しみ♪


ココロの中を少しだけ話す事のできる大事な人。

治療中に
突然、泣いてしまった。
しかも、声をあげて・・・

人前でうるうるくることはあっても
こんなに泣いてしまったのは
初めてのことで
どうしたらいいのかわからなくなってしまった。


どうしてこんなにも必要とされないのだろうと思ったら
悲しくなって


ティッシュを抱えて
泣いているうちに

わたしは今まで何を見て、何を感じていたのか

あの地に立ち、考え感じたことはなんだったのか


愚かだとやっと気が付いた。


必要とされないのは
わたしに問題があるから

何を今さら足掻いているのだろう

恥ずかしくなって
顔を合わせられない(ひどい顔してるし)

好きなだけ泣いたらいいよって一人にしてくれた。





いつも我慢していた

一度甘えてしまったら
一人になった時
誰かを頼りたくなってしまうのが
怖かった



泣くってこんなに気持ちがよかったなんて
知らなかった


泣くってお腹がすくんだって
初めて知った(笑)


泣かせてくれて

ありがとう


明日の朝、
すっごい顔してるかもしれないけど
ココロは真っ直ぐ前を向いている。

あれだけ泣いたんだもの。
[PR]
by ururunamida | 2006-06-26 19:44 | ココロ

初夏

お茶の先生のお宅は、山の上にあって
駐車場から
お茶室まで石畳を歩きます。

そこに咲いているのが
銀杯草。


f0047693_18595686.jpg

ちっちゃくって可憐なのです。(花の直径が10円玉くらい)

時には踏まれてしまうのに、石の隙間に咲くのです。
わたしにとって、この花が初夏の訪れを教えてくれます。

お花やさんやお稽古の花材より
地のものが季節を届けてくれるのですね。
[PR]
by ururunamida | 2006-06-26 19:04 | 日常

お食事会?

お見合いの話から思い出してしまいました。
ハンカチのご用意を(笑)


今までいくつかお見合いのお話をいただいていたのですが
何方ともお会いするつもりはありませんでした。


でも、
友だちm美のお姑さんからのお話は・・・

もう、お義母さんが先方に話をしてしまったから
断ってもいいので一度だけ会ってほしいと頼まれて

m美の立場もあるのでとりあえず
一度会ってみることになり、
彼女も一緒に仕事帰りにお夕飯をとなりました。

大げさにしたくなかったので
彼女だけに付き合ってもらいました。

待ち合わせのお店へ行ってみると
彼はもう来ていました。

第一印象は普通の人、おとなしそうな人でした。

オーダーの時に
わたしたちがそれぞれ注文した後、
彼がたのんだものは


〝コーヒー〟


?????

二人で顔を見合わせていたら
お腹がすいていないからと言うのです。

それなら、わたしたちもお茶にして
直ぐに帰れたのに・・・


案の定、会話も進みません。
彼は、何をしに来たのでしょう。
そのうちに、m美は帰ってしまうし
どうしたらいいのかわからず
とりあえず、いろいろ話し掛けてみたのですが(頑張ったでしょ)
質問に乗り気でなく
わたしに興味がないのだと感じました。

彼も、きっとお母さんに言われて嫌々来たのだと
お互いに断りきれなかったのだと思っていました。


限界を感じ
そろそろ帰りましょうかと声をかけ
彼にご馳走してもらいたくなかったので伝票を取りました。

彼も手を出してきたのですが
わたしたちが食事をしたのでと言ったら、あっさり引き下がりました。
なのに、翌日。
彼のお母さんが、m美の家に来てもう一度会いたいと言っているとのこと!?

m美には、二人になってからのことを報告し、ありえないことを伝えておいたので
彼女もびっくりしてしまって・・・

もしも、わたしのことを気にいってくれたなら
二人でいる時、もっとアピールすることができただろうし
お腹がすいていなくても、付き合って食事をしてくれたと思うのです。


最近大きな家を建てたし、いい車に乗っているし
安定している所にお勤めだしと
薦めてくださったのですが

家や車がどうしても欲しければ
自分で手に入れるし
お金を持っていなくても
彼を好きになれればそれでいいのです。


彼の本心はどうだったのでしょう。
二度とお会いしませんでした。




ちょっと悲しい思い出です。
[PR]
by ururunamida | 2006-06-23 20:28 | 日常

おりあい

最近、母と話をしていません。
話すと喧嘩になるから・・・

先日も、お見合い写真を持ってきて
こんないいお話はもうないからってしつこく薦めるのです。
それでつい
そんなに気に入ったなら自分が行けばいいじゃないって・・・

弟が結婚する前に、実家を出て一人暮らしをしているわたしに
いろいろ思うことがあるようです。
会えば言われることがわかっているし、
聞きたくないので実家にも行っていません。

親として心配なのはわかりますが
母の話を聞いていると、誰でもいいから結婚してほしいと言われているみたいで・・・
いつまでも独りでいるのがみっともないって感じなのです。

時々ココロが揺れることはありますが
独りでいることに覚悟をしています。
それでも
この先、きっとまた誰かを好きになり悩むのでしょう。(懲りてないな・・・)

悩んで、足掻いて、涙して
そして
独りでいることを選ぶと思うのです。


残念ながら
わたしの〝負〟の部分を払拭できるほど
〝正〟をわたし自身見出せていないのです。


年を重ねながら
少しずつココロに折り合いをつけていかなくては
いけないのだと思います。


両親に
きちんと説明しなければいけないとわかっているのですが
今さら言い出せないのです。
それに、本当のことがわかったら今より悲しませることになるだろうし・・・

最近、父は自分で決めたのであれば好きにしなさい。
という感じなのですが
母は
諦めきれないのでしょう。

親不孝です。


今まで
悲しいことばかりではありませんでした。
結婚していないから、子どもがいないから
出来る事や出会えた人がたくさんありました。

もちろん、たくさん泣きましたけど。


あれもこれもと
欲張ってもみんな手に入らないのですよね。

だからこそ
手に入れたものをなにより大事にしなければと
感じています。
[PR]
by ururunamida | 2006-06-21 19:27 | ココロ

みどり

昨日、梅雨入りしました。
夕方から雨になり、今朝少し降っていました。

一雨ごとに、緑が濃くなるのを感じます。
仕事をしながら、ふと目をやると

こっちへおいでよ

と、言われてる気がします。

雨が降る匂いとか、風が運んでくる気配が
日に日に強くなってきます。


田んぼの稲は随分と背を伸ばし
蛙は大合唱し
ツバメは卵を温め


日々の変化を目の当たりにしています。

次に変わるのは

わたしです。
[PR]
by ururunamida | 2006-06-16 20:03 | 日常

コロッケ

なんだか
アツアツのコロッケが食べたくなって・・・
いつもより早めの帰宅


う~ん、揚げたては美味い!!!

でも・・・
誰がこんなに食べるんだ?ってくらいある


一人暮らしの悲しさがこんな所に出るんだ(泣)



仕方ないので友だちに食べてもらうことに

キャベツの千切りに、トマトとスナックエンドウ
具沢山の豚汁もどき、切干大根の煮物


大した物はつくれないけど
温かい物を一緒に食べようね
[PR]
by ururunamida | 2006-06-15 19:39 | 日常

ふう

友だちから電話

さっき、お店にふうちゃん(姪3歳)が来たよ

どうして、ふうだとわかったの?

だって・・・うるるにそっくりだもん(笑)
笑いを堪えるのに大変だったんだよ!
おばちゃんにそっくりだとは言わなかったからね(爆)


先日も

別の友だちが
これ、ふうちゃんの忘れ物、渡しておいてね
ひと目でわかったよ
直ぐに名前聞いたら、大正解だった(笑)


なにが・・・?

うるるそっくりだもん
ママには全然似てないって言ってないから(爆)


わたしは、ふうより可愛かったはず(多分)
もちろん、ふうは可愛いのですよ
[PR]
by ururunamida | 2006-06-13 13:00 | 日常